【2019年度・初陣】BRM119三浦半島200(2019/01/19)

ブルベ走行録

こんにちは、しろみです。

AJ西東京さん主催「BRM119三浦半島200」に参加した時の日記です。

ブルベ4戦目にして初めての200㎞ブルベです。制限時間は13時間30分。

また、初めての知り合いのいない完全ひとりブルベでもありました。ぐる富士400も、木崎湖300も、東海道600も、知り合いの方々と走ってばかりでしたので、元々相当なビビりのわたしは心細さで出走直後は不安で仕方ありませんでした。

結果は、12時間10分で完走。無事に認定を頂きました。

ルートはこんな感じ。相模原市の淵野辺近辺をスタートし、尾根幹を抜け、鶴見川沿いに河口まで行って南下。みなとみらいを抜けて三浦までひたすら南下してぐるっと三浦半島を回ったら鵠沼海岸まで海沿い、あとは北上して淵野辺へ戻る。神奈川県在住のわたしとしては知っているところばかりを走る、おメンタルに優しいルートです。大きな峠は無く補給場所にも困りませんが、市街地走行がほとんどなので信号が多く、貯金を稼ぎにくいコースでもあります。終盤は渋滞頻発エリアなので時間かかることも考えると、序盤の尾根幹と三浦半島の前半で貯金を頑張って稼ぎましょう、が今回の作戦となりました。

 

スタート→PC1

6時スタートなのでスタートに5時到着目標でしたが、ばっちり寝坊してしまい30分すぎに到着……ブリーフィングギリギリになってしまいましたが、夜明け前で恐ろしく寒かったのでかえって身体的にはよかったのかもしれません。すみません。

まだ真っ暗な空の下、車検を受けて6時の5分前にスタート。まずは鶴見川源流を抜けて尾根幹に向けての登り……ぐぇぇ。斜度きついんですよね。すごく寒かったので、一瞬で身体が温まったのは助かったけれど。スタートすぐなので周りにランドヌールさんたちが多くいらしたのでいいけど、街灯少ない建物少ない藪の中なのでひとりでは絶対通りたくないです。

尾根幹の手前でようやく空が明るくなりはじめました。薄明かりの中、尾根幹を疾走します。この後の市街地ゾーンに備えて、ここは貯金を貯めなくては。信号に引っ掛かりつつも30㎞/h巡航程度のいいぺースで進んでいると、とんでもない速さのトレインに抜かされて度肝を抜かれました。あのオフロスキwさん率いるトレインでした。生で見るとより衝撃な速さ。

矢野口で右折。朝日が昇る中府中街道をひた走ります。日の出前スタートなのでクリアレンズで走っていたのですが朝日が!眩しい!!信号が見えない!!!バルス喰らったムスカ大佐の気分でした( ^ω^ )調光レンズ欲しいww

信号が多いです。しょっちゅう止まる……グロスが稼げずちょっと焦る。でも他の参加者さんと信号待ちの時に少し話したりして、孤独が少し紛れてありがたかった。川崎駅前後が車多いし信号多いしで怖かったです。

なんとか交通量多いゾーンを抜けて左折、京急の線路を渡って直進すると多摩川沿いに出ました。

少しの間サイクリングロードを進みます。幅がとても広く路面も綺麗で最高に快適!

境川も見習ってください。

対岸に羽田空港が見えたら、右折してサイクリングロードを出ます。すぐにPC1に到着。

48.3㎞地点 PC1 セブンイレブン 川崎キングスカイフロント店に到着。貯金は59分。尾根幹と府中街道とで結構頑張った効果が出て、ほっとしました。パンク修理に30分かかると考えると30分、欲を言えば1時間、貯金はキープしておきたいところです。

お腹はそこまですいていなかったので、即効元気ゼリーとからあげ棒をもぐもぐ。と、「しろみさんですか?」と声をかけられました。なんとTwitterのフォロワーさんの、やっさんさん!そして七香さん、スノーフェアリーさんも!(全員で5人グループだったかな?)皆様お会いするのははじめましてで、お声がけいただき嬉しかったです♪人見知りなもので挙動不審ですみません……

PC1→通過チェック 川崎から三崎港まで南下!

ビビりなので、あまり貯金が減らないうちに再出発。海沿いの工業地帯を南下します。信号待ちで外国人の参加者さんとお話したり。チェレステカラーのクロモリがよくお似合いの紳士でした♪

鶴見川の河口に出たところで、あまりにいい天気だったので止まって一枚写真撮影。水辺の似合う女コロちゃんです。この手前の道は路肩に小石が多くパンクしないか怖かった……

そのあとも風向きもあり順調に南下を続けて、

みなとみらいに到達。

まだ10時前ということもあって、赤レンガの辺りも人はまばらで。

ジャック(横浜市開港記念会館)、

クイーン(横浜税関)、

キング(神奈川県庁)の横浜三塔もブルベの紹介ページに書かれていたので一応写真撮っておきました。今回は写真が多いですが、余裕なのではなくひとりで走ってると写真撮ったりして気を紛らわせたくなるのですね。快晴でどこも綺麗だったのもあるけれど。

みなとみらいを抜けたら平坦で南下できるルートもあるのにわざわざ港の見える丘公園の激坂を登らされます。いやほんとなんで。貯金は1時間ほどあるので、登る前に100mほどコースアウトして、元町通り入り口側のウチキパンさんでミルクパンを購入。登ったご褒美にします。今回唯一のグルメ要素。

そして、激坂クライム開始。ここで頑張って膝痛めるのも嫌なので押し歩きする気満々でしたが、なんとスタッフさんがカメラを構えてスタンバイしている/(^o^)\押し歩きしてたらかっこわるいじゃないですか……なんという罠w

\うううううううううう/


\き・つ・い~~~~~~~(苦笑)/

苦悶の表情のわたし、ばっちり撮影していただいていました……( ^ω^ )

坂のてっぺんが港の見える丘公園。パンをサドルバッグから取り出して休憩です。休憩する参加者さんはほとんどおらず、目の前を続々通過するのを眺めながらパンを優雅に食べていました。ウチキパンさんのミルクパンは素朴な甘さが最高です。

ところでこの日はAACR(安曇野アルプスセンチュリーライド)のエントリー開始日でして。即定員になる人気イベントなのでそれもあって停止したのですが……混み合って全然アクセスできない/(^o^)\結局同行予定のひとにエントリー作業をお願いして、先へ進むことに。

横須賀まではR16を南下します。グループライドでもよく走る道ということもあってか、気が抜けたのかペースがガタ落ち。幸い登り坂は少ないので、ゆるゆる進みます。ばて気味でひとり走っていると、原付に乗ったおじいちゃんが信号待ちで話しかけてくれて。200㎞走る話したらめっちゃ応援してくれてやる気復活。ありがとうございました♪

横須賀駅前を通過。この先の海岸通りは向かい風があほみたいに強くてしろみは激怒した。

走水の地味にきつい坂を上って観音崎灯台を回ると、わたしの大好きな「たたら浜」に出ます。

綺麗じゃないですか?この日は引き潮気味でしたが、快晴ということもあって綺麗な色をしていました。ブルベじゃなければいつまでも眺めていられる気持ちのいい場所ですが、悲しいことにブルベなので先に進みます。このすぐ先に浦賀港があり、渡し船で2㎞ショートカットできますが6分間に合わず、お昼休憩(12時~13時)でした。間に合うと思ってなかったんでいいんですけど……素直にくるっと対岸まで回ります。

12時を過ぎ、距離も100㎞を超え、三崎港までの登りも控えているので、そろそろ補給をしておきたいところ。貯金は1時間ちょいありますが、ビビりでどこかの飲食店に入る気も起きず、西浦賀のミニストップにピットイン。数名の参加者さん達も休憩されていました。

イートインがいっぱいだったので、外で食べられるおにぎりとホットスナックを購入。天気もいいので、外で食べても冷えないくらいには気温も高かったです。もちもち皮がウリらしいビッグドッグはぶっちゃけあんまり美味しくなかった……(´・ω・`)アミノバイタル(顆粒)を1本キメてリスタート。

しばらく海沿いを進みます。国道にぶつかると渋滞するけど、いつものことなので焦っても仕方ない。

三浦海岸を過ぎると国道を外れ、「亜美ちゃん坂」のある海沿いを進んでいきます。この辺りから眠気が結構来ていて、またもパワーダウン。亜美ちゃん坂と宮川公園手前ときつめの坂が2連発で来ますが、ゆっくりゆらゆら登坂。信号は皆無なので、そこまで急がなくても貯金は減りません。道を知ってるとこういうとき安心感が違いますね……また、公園前で写真は撮ってませんでしたが、宮川公園の風車を見た最後の日になりました。

130.4㎞地点 CP1 三崎港うらりマルシェに到着。貯金は55分ほど。飲食店が多いので、このあたりでランチにされた方が多かったのではないでしょうか?わたしは写真だけささっと撮って、先へ進みます。

通過チェック→PC2 渋滞をくぐり抜けて

三崎港から先は国道回避コース。油壷から先がなかなかパンチのある登りで悶絶……

見晴らしはいいのですけどね。右奥に今は亡き宮川公園の風車が見えます。

引橋交差点を過ぎれば下り基調に転じるので、気持ちよく走れます。やる気も復活してすいすい気持ちよく進みます。……が、ぴったり後ろにつく方がいらして、どうも気になる。ぶっちゃけ、気分よくない。先ほどまで眠気があったこともあり、葉山手前のコンビニに寄ることにしました。

肉まん、コーヒー、いちごミルクを補給。少し目を瞑って、15分ほど使って出発。ここからはしばらく渋滞区間なので、貯金は稼げません。葉山のあたりの渋滞はいつも辟易する……道路が狭すぎるのですよね。待ってるといつまでも進まないのですり抜けも使っちゃうんですが。路線バスの運転手さんとか相当大変だと思います。

逗子のあとの登りを抜けて、鎌倉に出ました。まだ15時半なのに、日はだいぶ傾いてきました。

新江ノ島水族館前を通過。ここまで来れば渋滞は一度収まります。この日も鎌倉~江の島の海沿いはずっと渋滞でした……貯金を維持するのでやっとです。

鵠沼海岸から地下道を通って引地川沿いを北上する道に入ります。地下道はけっこう砂が溜まってた記憶。

171.6km地点 PC2 ローソン大庭大橋店に到着。貯金は1時間13分。

残りの距離は30kmほどになりました(*´▽`*)200㎞だと夕方には終わるの素晴らしいですね……

即効元気ゼリーだけぱぱっと補給して、すぐにリスタート。

PC2→ゴール 本当の渋滞はここからだ!

綾瀬市を縦断して、海老名を一瞬掠めて座間へ抜けます。綾瀬市役所手前のストレートは左手に富士山がよく見えるスポットですが、気づいた参加者さんは何人いらしたかな。この日は夕日のなかにはっきり見えて美しかったです。

ゴールよりよほど家のほうが近いよ……帰りたいよ……ちょっとだけ誘惑に晒される。

このあたりからご近所さん疑惑のある参加者さんと信号のたびにお話したりして、流れでゴールまで一緒に走りました。

小田急の踏切を渡って双龍さん側を左折。ここからゴール直前まで10㎞ほど渋滞まみれ/(^o^)\ギリギリ隊だと結構焦ると思います。

そして安全運転で無事ゴールのケルビムショップ脇に到着!!

ゴールでスタッフさんに写真を撮って頂きました(((o(*゚▽゚*)o)))

受付側ではお菓子や温かい飲み物を振る舞っていただき、ごちそうになりつつ少々滞在させていただきました!(寒くて撤退)AJ西東京さんはAJたまがわさんやR東京さんとはまた違った温かさがあってすごくほっこりしました。子供の頃の、田舎のおばあちゃんの家に帰ってきたような感じ。

メダルはカードと共に後日郵送でした。ようやく200㎞メダルゲット!!

封筒のなかにこのようなお手紙を1枚入れてくださってて、最後まで温かみを感じさせていただきました。またお邪魔したくなる……!

走り終えて

はじめての知り合いのいないブルベということでかなり緊張してビビりながら迎えたブルベでしたが、無事に完走して2019年度の幸先のよいスタートを切ることが出来ました。ブルベ中はじめて雨降らなかったし(超重要ちなみに、幹線道路を多く走るせいか、渋滞の中長らく走ったせいか、完走したあとトランポ前にスーパーに寄ってお手洗いをお借りして鏡を見たら……顔が真っ黒になっていました……こ、こんな顔で買い物したの……恥ずかしいいいいいいい

周りの参加者さんと信号停止中やPCでお話できたり、Twitterのフォロワーさんにお会いできたり、温かいスタッフの皆様のおかげでひとりでも寂しくなく200㎞走り切ることが出来ました。きつかったし、完走できたときすごくほっとしたし、楽しかった!!とは、やっぱり思えなかったけれど。時間制限が怖すぎて終始補給不足気味だったし。ただ、このブルベをいい形で完走できたことが、この後の自信に繋がっていったとは思います。

コース自体も天候に恵まれたのもありますが走りやすく、初めてブルベ走る人なんかにもいいブルベなんじゃないかな?と思います♪渋滞にどれだけ巻き込まれるかにもよりますが……初めてまた走りたいと思ったコースでした。海沿いだし(((o(*゚▽゚*)o)))

次回は、翌週に再びソロで迎えた「伊豆高原300」。こちらはかなり壮絶でした……!!

装備:
インナー:モンベル ジオライン(薄手)
ウェア:カペルミュール カロノワールジャージ(薄手の長袖ジャージ、防風性能無し)
モンベル トレールアクションジャケット(防風効果あり裏地フリースジャケット、終始着用)
ユニクロ ウルトラストレッチショートパンツ
スリーコインズ 裏起毛タイツ(160デニール)
モンベル メリノウールトラベルソックス
しまむらで買ったもふもふネックウォーマー
シマノの5度対応くらいの長袖グローブ
サドルバッグ内にウィンドブレーカー。スタート前/ゴール後に着用

コメント