ついにヤビツ峠(表)に闘いを挑んだぞ(後編)(2015/12/7)

この記事は移転元よりのお引越しです。

 

こんにちは、しろみです。青い空でも風は冷たく……
春はすぐそこだけど、朝なんかは
まだまだ冷えますね\(^o^)/

ということで
決戦!表ヤビツ!編です。

今回挑戦にあたり、
掲げた目標がありまして。

足つきをしない! ということ。

足さえ着かなければ
2時間かかろうがOK(^ω^)※行程約12km

というわけで。

名古木交差点からスタート!

ここからタイムをはかりますよー。

輪行袋やら上着やら満載激重リュックを
コインロッカーに預けたので
ふっかちゃんはハンドルに移動。

若干お邪魔でした  いるだけで癒し!

表ヤビツは行程約12km、
前半は住宅地で、
途中から『峠らしい』景色になります。

この最初の住宅地が
いきなり斜度きつい\(^o^)/
すぐに息が上がり、
『あっなんか調子わるい』と
体調のせいにしてました。

途中まではいくつか信号があるのですが


(以降、行程の写真は
Googleストリートビューを使用)

このデイリーヤマザキの信号で
無念の赤信号足つき。

いや!!いやいや!!!
赤信号はノーカウントでしょう(`・ω・´)

ノーカウントってことで(^ω^)

ここが最後の信号なので
ここからTTスタートの場合も
あるそうですね(σ・∀・)σ

信号が青になってリスタートするも
相変わらず斜度はきつく
というかどんどんきつくなり……

途中立派な鳥居の脇を通過するんですが
もう息絶え絶えですよ。

ご存知の方は多いとは思いますが
表ヤビツは後半の山道より
前半の住宅地のほうが斜度がきつい
のでありますね。

住宅地後半部分が通称『蓑毛の登り
斜度10%超えの区間です。\(^o^)/

うひょーいwしんどいwwwと思いつつ
なんとかかんとかペダルを回します。
いやペダルを押します。

フラットペダルにダンシングなど無い。

いつも斜度きつくなると
座ったままサドルの前のほうに
お尻をスライドさせて漕ぐと
少し楽になるのですが
これは正しいのか、はたまた
コロちゃんのジオメトリーが
合ってないのか。

(どうでもいいおはなし)

この広いスペースは蓑毛バス停
住宅地区間はここまで、つまり
斜度がいちばんきついのもここまで!

ああ助かった(*´∇`*)
ここまで足つき無しで登れたので
テンションが急上昇します(`・ω・´)

バス停から先はすぐにこのように。
ストリートビューは天気悪すぎて通行止めになってますねwww

斜度も緩くなり、ペダルは回しやすくなり
のりのりで進んでいきます。

うーん、森って感じ(ノ´▽`)ノ

景色を満喫する余裕は無いものの
途中途中平坦に近いところもあり
わりと余裕を持って進めます。

路面も結構綺麗。
この直前に登った正丸峠
路面ひどかったですからね\(^o^)/
余計に綺麗に感じます。

なにやら碑が見えてきましたが
まだゴールではありません。

ここは菜の花台
ヤビツ峠の絶景スポットです!
ここを通過する時点でタイムは35分程。

自分、菜の花台がゴールではないと
知ってはいたのですが、
菜の花台からゴールまで
ほんのちょっとだと勘違いし
ここから謎スパートをかけます。

でも全然終わらない!

左カーブの後、と覚えていたので

おっ、終わるか?終わるか??

終わりませんでした(´・ω・`)

を何回か繰り返して、ついに!

なんか!なんか見えた!!

ついにゴールだああああ(*´∇`*)!!

無事に到着!

いえええええええええい
足をつかずに登れました!

これで裏・表ともに足つき無しで
登れましたので
ヤビツ完全制覇と言っても
過言はないだろう(`・ω・´)

タイムはこんなかんじ。

信号停止込みで55分42秒9。
初チャレンジならまあまあ
ええんじゃないんだろうか(*´∇`*)
ポジティブシンキング!

前回裏ヤビツを登ったとき(リンク)
わりと限界ギリギリという感じで

『いや……表とか無理だろ……』
思っておりましたのですが
今回やや余裕を残して登れたので
とても嬉しいです(*´∇`*)

楽しいダウンヒル編は次回。
もうちょっと続きます!

コメント